宅建業免許制度

宅地建物取引業を営もうとする者は、免許を受けることが必要です。

簡単にいうと、「不動産屋さんをしたければ免許を取ってください。」ということです。
社会全体の利益を害さないようにするために規制を加えています。

ただ、不動産業に関するすべてに免許が必要なわけではありません。
不要な場合もあります。

 

区 分 自己物件 他人の物件の代理 他人の物件の媒介
売 買
交 換
賃 貸

※ 〇が宅建業免許が必要な場合です。

上記のように、宅建業免許の不要な場合は「自己物件の賃貸」のみで、ほとんどの場合に宅建業免許が必要です。